トップページ 当協会のご案内 事業内容 海上安全指導員 行事・活動状況 お役立ち情報 入会のご案内 お得情報 リンク

各地区のご紹介
地区小型船安全協会とは?
  第六管区海上保安本部管内10地区の海上保安部所在地に地区小型船安全協会が設立されており、社団法人瀬戸内海小型船安全協会の正会員となっています。
 各地区小型船安全協会は、プレジャーボートユーザー等の個人会員、自治体・団体等の賛助会員により構成される任意団体で、安全講習会、海上安全指導員によるパトロールなどの活動を活発に行っております。
 プレジャーボート愛好者で当協会の事業活動に賛同され、入会を希望される方は、お近くの地区小型船安全協会に入会していただき、数多くの会員の仲間になっていただくことになりますので、各地区の小型船安全協会をご紹介します。

 山口県内海地区 広島地区 呉−竹原地区 岡山県西部地区

 岡山県東部地区 香川県地区 愛媛県東部地区 松山地区 宇和島地区

 また、会員の多くは各地区の桟橋会等の分会に所属されていますが、他地区はもとより、同じ地区の中でも他の分会について知られていないのが実情です。会員間の相互理解と仲間意識を深めて頂くため、順次各地区の分会をご紹介します。

山口県内海地区小型船安全協会
○ 対象地域
 山口県東部の5市3町(周南市、光市、下松市、、防府市、山口市、上関町、平生町、田布施町)

○ 事務局の所在地
  山口県周南市野村2丁目8番3号 立野雄二様方  
  電話 0834-63-0638          

○ 会員の状況
  通常会員(個人会員)   624名
  賛助会員(法人会員)   1会員    
  特別会員(漁協)     1会員

○ 会長 高橋 正教  理事 16名  監事 2名

○ 海上安全指導員       15名
   安全パトロール艇       15艇

○ 会費
  通常会員 入会金 なし。 年会費  1,200円
  賛助会員            年会費  10,000円
  *年会費は4月から翌年3月末まで

★地区組織の状況
  22の支局があり、各支局の代表者が当会の役員となっています。各支局に在籍している1〜2名の海上安全指導員が会員を指導し、事業の推進母体となって活躍しています。

★地区の特色
 総会は年1回で4月に開催、支局毎に総会、安全講習会などを行っています。
 支局によっては海水浴場の監視も行っています。

★その他



このページのトップへ戻る


広島地区小型船安全協会
○ 対象地域
  広島県西部の4市6町(広島市、廿日市市、大竹市、安芸高田市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、)及び山口県東部の2市8町1村(岩国市、柳井市、周防大島町、和木町、由宇町、玖珂町、本郷村、周東町、錦町、美川町、美和町)

○ 事務局の所在地
  広島市南区宇品海岸三丁目12番72号
  電話 082-251-6664  FAX 082-251-6664 
          
○ 会員の状況
  通常会員(団体所属会員個人会員)  約 410名
  賛助会員(法人、団体)         32会員
  * 団体所属会員(約300人)は、係留場所毎のグループです。
    会費徴収等事務処理の担当者がいないグループは個人扱会員です。

○ 会長 古川 和男  理事 12名  監事 2名

○ 海上安全指導員   25名    
  安全パトロール艇  15艇

○ 会費
  通常会員 入会金 2,000円 年会費  3,000円
  * 年会費は4月から翌年3月末まで通信費を含む
  賛助会員          年会費  10,000円

★地区組織の状況
  各地域に、大小併せて約50の分会があります。大分会(50人以上)、中分会(10〜50人)、小分会(10人以下)、個人会員と分会があります。
 個人扱分会 約15分会 約 200人
 個人会員  約 100人

★地区の特色
 安全講習会は分会単位で、総会などに併せて開催しており、例年、7回約300人程度に受講していただいておりますが、参加できない会員のために講習会資料を作成し、全会員に配布しております。
 平成12年度から14年度までの3編と、15年度の総集編で一段落しました。16年度からは潮汐表を記載した「ダイヤリー」を作成・配布しております。

★その他
 各分会には、広報誌などの配布、会費の徴収・納入などの事務処理をお願いしております。一方、個人扱いの分会会員と個人会員約300人には、地区事務局が資料の配布、会費の請求などの事務処理をしています。
 
【地区分会のご紹介】 
 廿日市小型船主組合
国道2号線から南方向への展望
国道2号線から南方向への展望
 当分会は日本三景の一つ“厳島”のある廿日市市の東南端の場所に係留していた仲間により昭和46年頃結成しました。
 組合員数は64名で全員広島地区小安協会員です。                






【主な活動】
 毎年の定期総会に併せ、小安協事務局長や海上保安官等を招き安全講習会を開催しています。 ステッカー
 全員のマナー及びモラルの向上を目的として各艇の両舷に小安協ステッカーと共に右のラベルを貼って意識の高揚を図っています。
 海の日が制定されて以来、港内及び護岸周辺を市とタイアップして清掃作業を行っており、回収物が2トン車2台分位になることもあります。
 毎年6月に組合員相互及び地域との親睦を図るため家族や友人等を招き“釣り大会“を行い、検量し賞品を贈呈するなど楽しい一日を過ごしています。
 小安協事務局を通じて航行に支障を来たす箇所のような要件について文書を出すか、広島港長との意見交換の場に出席して改善を要請しています。
【澤岡組合長からのコメント】
澤岡組合長
 設立当時は関係自治体などの認知を受けていませんでしたが昭和51年に広島県から許可を受けた団体となり、私は3代目の代表を引き受けています。
 全国的に放置艇対策が進む中で、私共の係留場所も整理が行われ、以前は84名まで増加していた組合員の内20名は県の施設に収容されました。
 組合員は仲間意識も強く、これからも他のボートユーザーや地域住民との協調を図りながら“安全を最優先”で無事故記録を続けていく所存です。
 私達の係留場所に接して廿日市ボートパーク、五日市フイッシャマリーナ、五日市プレジャーボートスポットが整備され、沢山のボート、ヨットが係留されていますが、小安協ステッカーや旗を掲揚したボートは少ないようです。
 廿日市・五日市地区や他の地域で小安協ボートが増え、互いに挨拶を交わし、釣り情報等を気軽に交換して、共に助け合い楽しむことが出来ることを願っています。

このページのトップへ戻る


呉−竹原地区小型船安全協会
○ 対象地域
 広島県の4市1町(呉市、江田島市、竹原市、東広島市、大崎上島町)

○ 事務局の所在地
  広島県呉市宝町7番17号 堀口海運株式会社内
  電話 0823-23-4566
          
○ 会員の状況(平成27年9月1日現在)
  通常会員(個人会員)      102名
  賛助会員(団体)         17会員
  特別会員(団体)         3会員 
    
○ 会長 竹川 和登、副会長 1名、理事 3名、監事 2名、相談役 1名

○ 海上安全指導員       11名
  安全パトロール艇         6艇

○ 会費
  通常会員 入会金 2,000円 年会費  2,000円
  賛助会員 年会費 一口  20,000円         
  特別会員 年会費 一口  20,000円 
  *年会費は4月から翌年3月末まで

★地区組織の状況
 分会等の組織は設けておりません。

★地区の特色
 当協会は、呉セーリング連盟と合同で小学生、中学生を中心に海洋思想の普及等を目的とした、海洋教室を年5回実施しております。また、会員の皆様には全国海難防止強調運動、霧海難撲滅キャンペーン、居眠り海難防止等の資料及びグッズを配布するなどの周知をしております。


このページのトップへ戻る

岡山県西部地区小型船安全協会
○ 対象地域
  岡山県西部の7市4町(井原市、笠岡市、高梁市、新見市、倉敷市、総社市、吉備中央町、小田郡矢掛町、浅口市、里庄町、早島町)

○ 事務局の所在地
  岡山県倉敷市広江二丁目6−32
  電話 086-455-1919  FAX 086-455-2500
 メールアドレス seibuchikukogatasen@senda.gr.jp

○ 会員の状況
  通常会員(個人会員)  約 217名
  賛助会員(法人、団体)   11社
  特別会員(岡山県、倉敷市、笠岡市、浅口市) 4団体
  個人特別会員 4名
  企業特別会員 1社
  * 個人の新規入会は通常会員となります。
    
○ 会長 千田博通  理事 10名  監事 2名

○ 海上安全指導員       27名
  安全パトロール艇        12艇

○ 会費
  通常会員 入会金 2,000円 年会費 2,000円
  賛助会員 一口   10,000円         
  特別会員 特に定めなし。 
  *年会費は4月から翌年3月末まで

★地区組織の状況
 各マリーナ及び各地区に分会(3人〜100人の会員で構成)があります。個人で、直接、当地区小型船安全協会に入会されている方もおられます。

★メール等で連絡できるように連絡網を作成しています。アドレス等をご連絡下さい。

★地区の特色
 分会単位で、総会、安全講習会等を開催しています。
 個人会員の皆さんには、近くの分会の行事等に参加していただくようにしています。会員の皆様には安全運航の為の資料や潮汐表、瀬戸内海小型船安全協会から配付される会員証(船に貼付)等、各種資料を各マリーナ等を通じて配付、送付しています。

★その他
 日本ではじめて、県と合同で、海をきれいにする“海面アダプト事業” を平成15年から、年2回実施しています。
 国立公園である瀬戸内海を昔の様に、美しい白砂青松にもどす様心がけて、ボランティアで頑張っています。又、市役所等、公共場所に募集パンフレットを設けています。

このページのトップへ戻る


岡山県東部地区小型船安全協会
○ 対象地域
 岡山県東部の8市6町2村(岡山市、玉野市、真庭市、瀬戸内市、赤磐市、津山市、備前市、美作市、鏡野町、西粟倉村、久米南町、美咲町、勝央町、奈義町、新庄村、和気町)

○ 事務局の所在地
  岡山県岡山市郡2 マリーナ岡山内
  電話/FAX 086-267-3015

○ 会員の状況
  通常会員  265名
  賛助会員 19名
  特別会員 11名

○ 役員の状況
  会長ほか理事9名

○ 海上安全指導員 17名
  安全パトロール艇 15艇

○ 会費
  通常会員 入会金 2,000円 年会費 2,000円
  賛助会員 年会費 一口  10,000円 
  特別会員 県、市、町は定めない。

★地区組織の状況
 対象地域に所在のマリーナ及び海事関係団体35会員による賛助会員と岡山県等関係市町7会員による特別会員により構成しております。

★地区の特色
 当協会は、岡山県からの呼びかけに応えて、海面に浮遊するゴミを船上から回収する「海面アダプト事業」に参加することとし、平成15年8月22日岡山県と調印式を行いました。
 この事業は海を利用する機会の多い海洋レジャー関係の団体がボランティア活動として海面清掃美化を行うという全国初の取組みです。また、平成24年4月からは、瀬戸内海小型船遊漁船釣り団体協議会の賛助会員となりました。

★その他
 (1)当協会会員は殆どの方が海の情報提供ボランティア「海守」会員として登録しております。
 (2)全会員に、協会作成の潮汐表及び会報紙「おかやま」を配付しております。

【地区分会のご紹介】 
 玉野釣クラブ
 「玉野釣りクラブ」は玉野市議会議員で三井造船関係に勤めておられた現会長の実父が昭和45年頃に結成され、現在会員数は55名で全員小安協会員です。
 会員艇は常にクラブ旗を掲揚し、挨拶や航海のマナーを励行し、相互の安全や情報交換などについて協力して、他の釣り船の模範になることを心がけて、日々のレジャーを楽しんいます。
【母子家庭との釣り大会】
 昭和50年代の初め、釣れた魚を母子家庭専用の市営住宅に持ち込んだことが縁で毎年“母子家庭との釣り大会”を行っており、平成17年10月、31回目を実施しました。昨年は都合により母子家族を招待しての船釣りを楽しむことが出来ませんでしたが、会員40名による宇野港周辺海域での漁獲物(タイ、メバル、チヌ、ニベ、サヨリ、タコ等約60kg)を母子家庭119世帯に贈呈しました。
加藤会長から母子家庭代表者への贈呈 釣果の一部

釣果の一部
優勝者の表彰
加藤会長から母子家庭代表者への贈呈 釣果の一部 優勝者の表彰
【会長(加藤浩久、岡山県議会議員)からのコメント】
 私は、平成12年に亡父から現在の会長を引き継いでおりますが、まず仲間作り→マナーの向上→事故防止とつながること考えて指導しております。
 当クラブはメンバーの仲間意識も良く、魚釣りに出る際も安全を第一に考えており、おかげで最近メンバーの事故は発生しておりません。
 毎年行っています母子家庭への魚の贈呈も好評で、特に小さい子供さんには地元で捕れる魚の名前を教えるのにも良いと伝え聞いています。

【新しい取組み】 
 分会制度の見直し
 岡山県東部地区小型船安全協会は、小安協の活性化を図るため分会制度の見直しを行いました。今後この見直しを契機として新規会員を迎え共に協会の発展につなげていくこととしています。
【発端】
 当協会総会の出席者は役員と分会を代表する代議員をもって構成すると定められており、協会発足時に代議員が出席する分会が12設けられました。
 しかしながら、年月の経過等により、約半分は実態がなく名前だけのものとなって、総会開催時の出席者も限定され、協会各会員の意見を聞くことができない状況となっていました。
 この事態を協会会長や役員が憂慮され、昨年4月、急遽臨時総会を開催して「分会の見直し」を実施することが決定されました。
【新規分会の立ち上げ】
 この「分会の見直し」を受け、事務局のつかんでいない釣りクラブ,同好会等を重点的に調査・ピックアップするとともに、岡山県東部地区小安協会員全員に対して意見照会を行い、地域、人数、将来の発展性等を考慮し、マリーナ18分会、釣りクラブ等11分会の合計29の新規分会を立ち上げました。
 新規の分会に対しては、代表者又は世話人に当協会の事業内容の説明を行い、そのマリーナ、クラブ等に所属する会員への当協会への加入勧誘をお願いするとともに、プレジャーボートの安全運航に努めて頂くよう依頼しました。
【今後の取組み】
 新規分会の中には、小安協の会員は数名であるが、多数のモーターボートユーザーが所属しておられるクラブ等もあり、今後は新規分会の世話人等の協力を得ながら、小安協未加入ユーザーに対して入会を斡旋し、会員増及び協会の発展につなげていく予定です。

このページのトップへ戻る


香川県地区小型船安全協会
○ 対象地域
 香川県

○ 事務局の所在地
  香川県高松市朝日新町1−30
  電話・FAX 087-813-3561 

○ 会員の状況
  通常会員(個人会員) 552名
  賛助会員(団体)  43団体
  特別会員(県、市、町)  17団体
   *個人の新規入会は、通常会員となります。

○ 役員の状況
  会長 松本 康範  理事 24名 監事 2名

○ 海上安全指導員 52名
  安全パトロール艇 42艇

○ 会費
  通常会員 入会金   2,000円 年会費 3,000円
  賛助会員 年会費 一口 10,000円 
    (マリーナ関係は一口60,000円)
  特別会員 定めない。

★地区組織の状況
 各地区に分会(約10名〜約100名の会員で構成)が25あります。

★地区の特色
 分会単位で最新の情報を網羅した安全講習会を開催しています。
 又、各地区において分会の協力を得て、親子海洋教室、稚魚放流、海浜清掃等の各種事業を行っています。

★その他
 (1)会員の方に限り安価で救命胴衣(自動、膨張式)、防水パックを斡旋しています。
 (2)潮汐表、広報誌、安全運航のための各種資料を配布しています。
 ホームページアドレスはこちら→http://www6.ocn.ne.jp/~ksssa/

このページのトップへ戻る


愛媛県東部地区小型船安全協会
○ 対象地域
 愛媛県の4市1町(今治市、四国中央市、新居浜市、西条市、上島町)

○ 事務局の所在地
  愛媛県今治市片原町1丁目2番地
  電話 0898-22-0118 FAX 0898-33-8508

○ 会員の状況
  通常会員(個人会員)       266名
  賛助会員(法人、団体)      8会員
  特別会員(賛助会員以外で会長推薦)

○ 役員の状況
  会長 越智 一広  理事 14名 監事 2名

○ 海上安全指導員 14名
  安全パトロール艇 11艇

○ 会費
  通常会員 入会金 2,000円 年会費 2,000円
  賛助会員 年会費 10,000円 
  特別会員 定めない。

★地区組織の状況
 当地区には18支部(4名〜43名の会員で構成)があります。

★地区の特色
 年度初めに総会を開催し、会員には会員名簿、潮汐表を作成配布するなど安全運航のための資料を提供しています。
 また、会員を対象とした訓練や体験航海、海洋教室や安全講習会を通じて、小型船の安全運航の確保に努めています。

 

このページのトップへ戻る


松山地区小型船安全協会
○ 対象地域
 愛媛県の4市5町(伊予市、松山市、大洲市、東温市、松前町、砥部町、内子町、久万高原町、伊方町)

○ 事務局の所在地
  愛媛県松山市海岸通2426−5
  電話 089-951-0553 FAX 089-951-7796

○ 会員の状況
  通常会員(個人会員)                  89名
  賛助会員(小型船舶の製造保管等に関する個人法人又は団体) 11会員
  特別会員(市、企業関係)                15会員

○ 役員の状況
  会長 西田昭二、副会長 2名、理事 9名 監事 2名

○ 海上安全指導員 10名
  安全パトロール艇 8艇

○ 会費
  通常会員 年会費  3,000円
  賛助会員 年会費  一口 10,000円 
  特別会員 入会金なし、年会費定めなし。
  *年会費は4月から翌年3月まで

★地区組織の状況
 当協会には地元釣りクラブ4団体が入会していますが、個人の方も多数入会されています。

★地区の特色
 年2回安全講習会を開催し、海の日における海上パレード等に参加しております。
 会員の方には年間潮汐表や安全運航に関する各種資料を配布しています。

このページのトップへ戻る


宇和島地区小型船安全協会
○ 対象地域
 愛媛県の3市3町(宇和島市、西予市、八幡浜市、松野町、愛南町、鬼北町)

○ 事務局の所在地
  宇和島市住吉町3丁目1番3号 宇和島海上保安部交通課内
  電話/FAX 0895-22-1933

○ 会員の状況
  通常会員(個人会員)       47名

○ 役員の状況
  会長 奥村 正明、理事 7名、監事 1名

○ 海上安全指導員 7名
  安全パトロール艇 7艇

○会費
  通常会員 入会金 2,000円 年会費 2,000円

★地区組織の状況
 八幡浜地区、宇和島地区、愛南地区に分会があります。

★地区の特色
 分会単位で、海上パレード、救難訓練、安全講習会を開催しています。

このページのトップへ戻る




元のページへ戻る

救命胴衣 着ければ 浮かぶ 家族の笑顔
救命胴衣を常時着用しましょう!

〒734-0011 広島市南区宇品海岸三丁目12番72号 TEL:082-251-6664
メールアドレス:info@seto-shoankyo.or.jp
Copyright 2004 Setonaikai Kogatasen Anzen Kyoukai.All rights reserved